読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕暮れのイルミネーション

しるくです。日常や本やアニメや芸能人について、思ったことなどをつらつらと。ありきたりなブログ。意識高い系の真似をしたくなった。

幸福というものを音にしたら

タイトルは天使の柩より(少しまとめてます)

"夏の昼、グラスに麦茶と氷を入れるとからんころんと氷が音を立てる。幸福というものを音にしたら、きっとこんな音だろう"

 

緑がきらきら輝くGWですね。読んだ本についてもなるべく記事を書こうと思いました。

感想をブログに書くと予想外なメリットがありました。後で感想をブログに書こうと思って読むと、面白いことに、いつもより色々考えて読むのですよ。

 

今回読んだ「天使の柩」

 

 

天使の柩 (集英社文庫)

天使の柩 (集英社文庫)

 

 

 

これは、天使シリーズの3作目ということです。1作目は、天使の卵

本の帯によると、 190万部売れたベストセラーだとか。

天使の卵(1作目)を読んだのは、昨年の夏のことでした。

本を買う時、帯やポップのあらすじと、表紙の綺麗さで選ぶことが多いのですが、天使の卵も表紙と題名が美しいと思ってそのとき購入。

同じ村山さんだと、青のフェルマータなんかも表紙がすごく好きです

天使の柩を買った時は、天使の卵と同じシリーズだとは思わずに、題名に惹かれて買いました。

 

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

 

 

天使のつばさや羽ではなく、柩ってすごく魅力的じゃないですか?

すごく綺麗で優しく、少し悲しい物語でした。

特に思ったのが、情景描写がすごくきれいなんです。

夏、コップに氷と飲み物を入れてコップに水滴がついていたり、氷が溶けて音を鳴らすのってどこか懐かしいよね。

 

支離滅裂だね。それだけ。

やはり無くならない、東京への憧れ

多くの田舎に住む人が思うのと同じように、私は東京に憧れている。千葉や埼玉や大阪ではなく、東京に憧れている( ˶´⚰︎`˵ )

大阪を愛する人には申し訳ないが、人口や政治機能とは別のもの。雰囲気として東京と大阪には大きな違いがあるように思う。東京の方が洗練されているように思う。私が東京にも大阪にも住んだことがなく実態を知らないから、かもしれないが。

 私は今までの人生で、選択次第では東京の住民になることも可能であったが、私は東京の住民になることを選ばなかった。東京の住民になる場合は、人生設計が大きく違ったものになっていたので、東京と田舎とどっちが良いかという単純比較ではなかったが。

 

そして今、自分の選択が間違っていたような、そんな気の迷いがある。東京に住みたい。

もちろん、バンドのライブの機会も多いだろうしサブカルチャー的なものも多くは東京に固まっている。何かと流行のものは東京にあるだろうし、東京に無いものはほとんど無いのではないかと思う。

それも含めてだが、そもそも私は東京の都会的な雰囲気にすごく憧れている。例えば、名古屋は駅前は都会だが、少し離れたら普通に田舎である。

f:id:luciore:20170501185048j:image

こういうビル街を歩いて通勤通学をしたいし

f:id:luciore:20170501185109j:image

電車賃を1000円も払えば、仕事帰りにこんな風景が見られるという、東京に住んでいることそのものに憧れる。

東京に住む友人達に「東京は素敵だから、東京に住んでいるあなたが羨ましい」と伝えると、「そうでもないよ」との返答がよく返ってくる。

私が見聞きする、東京についての情報が良いものに偏っている可能性も大きいけれども。

 

よくSNSで見ることだが、東京で生きていくのには、お金がかかるしストレスが溜まることも多いと言われている。

しかし、その人は田舎に住んだことがあるのだろうか?  田舎と東京と両方の生活を経験した上での発言なのだろうか?といつも思っている。

きっと私が東京に憧れるのと同じ様に、東京生まれ東京育ちの人は、田舎は空気も水も綺麗で、物価も安くおおらかな人がばかりだろう。そう思うのかもしれない。

必要なお金に関しては、確かに東京の方が大きいと思う。しかし、よく言われる人間関係のストレスが、田舎より東京の方が大きいということには、疑問がある。

東京は人が多いぶん、競争も激しいだろうし上を見ればきりがないと思う。

しかし、都会は田舎と違って、多様な人が集まっており、多様性が田舎より認められているように思う。

また、東京では何かににつけて選択肢が多いように思う。多すぎて迷ってしまうこともあるのかもしれないが。

多様性を認めず、保守的な田舎の方が、生きづらいように思う。一度つまづいたら、なかなか立ち直れない。そんな田舎。

ひとつ夕食を食べに出かけて、知り合いに会うこともある。こんな田舎はもうごめんだ。東京へ行こう、そして、もし自分に合わなければ、ここに戻ってこよう。

それを希望にして、ここ数日私は生きています。

最近の映画のはなし✩昼顔とファンタスティックビーストと

最近映画とかドラマを見るのにハマってます。直近では、2、3年前に話題になった昼顔を一気見しました。

フジテレビオンデマンド(FOD)にあるんだけど、月額1000円ぐらいかかるのか…って思ってやめようとおもった。

そしたら! Yahoo!IDで登録したら初月1ヶ月無料って°˖ ✧◝(○ ヮ ○)◜✧˖ °

昼顔以外に見たいものもないので、解約忘れないようにしたいね。5/25ぐらいかな。

昼顔はすごい面白かった。全話で1000円は払う価値あると思う。単純に昼間の主婦を狙った不倫肯定ドラマかと思ったけど、そうでもなかった。割り切り不倫をする主婦たちの裏の顔~って感じかと思ってたけど、違った。

ごく普通の主婦が、出会って(このあたりはいかにもドラマらしくご都合主義)、いけないことだと分かっていても不倫してしまう。不倫を肯定というより、むしろ罪悪感とそれでもやってしまう悲しい魅力みたいな、そんな感じがしました。昼顔についてはまたのんびり書きたいなー(๑ ˙˘˙)

Twitterの人なら知ってると思うけど、私映画とかドラマってちゃんと最後まで見てられない、飽きちゃうことが多いんだよね(´°ω°`)↯↯

ファンタビは、もちろん映画館ではなく、Amazonビデオで見ました。何か買った時の200円引きクーポン使ったので、199円でした°˖ ✧◝(○ ヮ ○)◜✧˖ °

正直つまらなかったです。つまらなかったというか、ストーリー展開が分かりづらかった…

実は以前、映画館で字幕版を見たんだけど、途中で寝ちゃってろくろく見てませんでした。

それで今回見たんだけど、家でたっぷり寝た後に見てもつまらなかった!

ハリーポッターシリーズは好きなんだけど、ファンタビはどうもよく分からない…

でも映画レビューだと軒並み高評価なので理解ができないw

魔法で色々なものごとをかいけつするストーリー✩って認識だと面白いかもしれないけど、子供向けファンタジーにしてはストーリーが分かりづらすぎた。続編で面白くなるのを期待してる…

ファンタスティックビースト面白いって思った人いたらぜひコメントとかリプライで魅力を教えて欲しいです( ・ω・)/

・ストーリーというか目的が分かりづらい

・画面が全体的に暗いから眠くなる

・展開がよくわからない

ファンタスティックビースト貶してしかないな…w

ハリーポッターと同じような魔法の演出は面白かった!( ・ω・)/

 

FODせっかく入ったし、と思って医師たちの恋愛事情の1話を見たんだけど、すごかったw

斎藤工をいかに着衣のままで変態に仕立て上げるか、って雰囲気だったw

 

最近楽しくないです。あと少し頑張れば、GWだから。GWを希望にがんばろう╭( ๐_๐)╮

ではでは。

 

飯能市のムーミングッズが届いた話

久しぶりの更新です…案の定三日坊主になりました。

それはそうと、昨日12月末に飯能市ふるさと納税した返礼品のムーミングッズが届きましたのでそれについて。

3万円分でムーミングッズが11点貰えるふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 埼玉県飯能市 - MOOMIN VALLEY PARK オリジナルグッズ詰合せ12点セットこちらより申込みました。

年度末に慌てて申し込んだので他のムーミングッズは見てなかったのですが、他にも色々あったり…もっと前から見ておくべきだったと反省してます。

では早速中身を

f:id:luciore:20170302000431j:image

まずダンボールが可愛い!ムーミン柄です

そして中身一覧です

f:id:luciore:20170302000512j:image

無料だし最高ですね✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

気づいたことを箇条書きに

・リュックサックはそんなにマチが大きくなく、パソコンリュックみたいなものでした(でも背中やベルトにはメッシュ素材で通気性良くしてあるので謎です。軽いトレッキング向けかな?)

・モバイルバッテリーは4400mAh

ムーミンのぬいぐるみ素材はかなり肌触りが良くふわふわ、ミイはどこか安っぽい…(;´・ω・)

モバイルバッテリーの容量は申し込む時に気になってブログとか検索したんだけど、出てこなかったんだよね( Ö )

 

とりあえずこのあたりで…( ˘ᵕ˘ )

 

 

蜜蜂と遠雷を1度読み終えた話

直木賞受賞ということで購入した蜜蜂と遠雷

 

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

金曜夜に、受賞のニュースを見てAmazonを見るも既に売り切れていた。

土曜の朝、田舎ということもあってか地元の書店には蜜蜂と遠雷がたくさん平積みされていた。さすが田舎。探す手間が省けてありがたい。

購入し、家に帰って読み始め…るはずだったが色々用事があったり、読む気分じゃなかったりして、ほぼここ2日で読んだ。

よくあることだと思うが、私は理解力と記憶力に乏しいため、これほどの長編小説は一気読みしないと内容や前後の繋がりがあやふやになってくる。

2日間で細切れに読んだため、正直内容がよくわかっていない。

ピアノのコンクールの話なのだが、結果が気になり過ぎて半分飛ばし読みのようなことをしてしまったのも内容をよく覚えていない一因のように思う。

また今度時間のあるときにゆっくり一気読みしたい。大体こういうことは、時間があっても実行出来ないのだが。

感想としては、絵のない本なのにまるで絵本とか、ハリーポッターの世界の絵が動く本みたいに思えるところがあった気がする(ボキャ貧)

まぁ小説は多かれ少なかれそういう部分があるものと思うが、特にこの本は活字からの脳内映像化がしやすいように思った。

あと、文学ファンや恩田陸ファンが聞くと怒り狂いそうだが、どこかライトノベルみたいなところも感じた。描写の仕方が細かいからかな。気のせいかも。

この本は文学的に素晴らしいものなんだろうけど、文量多いし単行本だし読んでて疲れるなと思った。文庫本大好きです。

同じ恩田さんの本だと、私としては3月は深き紅の淵を↓

 

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

 

これが好きです。一つの本についての短編集。最後に読んだのは今から4年ぐらい前だし、正直内容はよく覚えていない。でも世界観、雰囲気が好きです。

覚えていないのに好きって変だね。実家にあるから、今度帰省した時に読もうと思う。

恩田陸の小説は中学受験や高校受験で好まれるイメージがある。なんでだろう。森絵都が好まれるのは分かるけれど。

最近、というかここ3年間ぐらいはスマホとペンに気を取られていてあまり本を読んでいなかった。

本、しかも小説を読むのは只の娯楽と言われそうだが、生活とか生き方の調味料みたいになるとも思うので。なるべく読んでいきたいな。本に限らず、映画とか音楽も。モノクロじゃない人生にしたいなぁ。

 

ところで、はてなアプリがすごく更新しやすい。ライブドアのアプリとは雲泥の差だ…

容量無制限とアカウント切り替えさえあればはてなにしたいところ。

ライブドアブログはPCユーザーが主というのもあるのかもしれないよね。はてなもそうかもしれないけれど。

 

果てさてこの意識高い系風ブログはいつまで続けられるのか。おわり。

3/1追記 三日坊主でした。

ユーリ!!! on ICEの魅力に取り憑かれてしまった話

以前、Twitterのフォロワーさん数人がしきりにユーリ!!! on ICEは素晴らしいと絶賛していた。

アニメ放送当時は(´-`).。oO(腐女子ウケ重視のホモアニメだろうなあ)と思っていたが、最近暇を持て余してプライムビデオに浸っており、おすすめ動画にユーリが出てきたため、1話から見た。

1話はそうでもなかったが、2話、3話と見ていくうちにどんどん引き込まれていった。最初貶しててごめん。

12話を見終えて、終わり方というか最後がすこし雑な気はしたがまぁとにかく楽しかった。

そして面白いことに、全話見終えてから関心が薄れるのではなくむしろ増加してきた。これはTwitter等でユーリ!!! on ICEのファンと感想を共有したというのもあるのかもしれないが、アニメを全話見終えてから更にアニメへの興味が増加するというのは自分の中では初めての経験だった。

ということで今1話から、部屋のテレビでながら見をしないで、大切に2回目を見ている。

最近の楽しみの中ではかなり上位に位置しているので、一気見しないで1日に2話ぐらいずつ見ている。しあわせ。

元々はアニメ好きだったが、ここ最近はアニメを殆ど見なかったし、見ても1話の途中で飽きていた。どちらかというと3次元特に女性アイドルの方に興味が向いていたが再びアニメの世界にハマりそうだ。

ユーリ!!! on ICE楽しい。腐女子ウケ狙ってそうなシーンも多いけど、それを補ってあまりある面白さがあった。

これを勧めてくれたプライムビデオさんには感謝ですね。

今気付いたけど、段落ごとに自動認識で文と文との隙間を空けてくれる神仕様ですね、このアプリ。

 

初記事と方向性

しるく。IDも名前も、アイコンも雰囲気もTwitterとはすこし変えました。

 

ライブドアブログに書いている、自分のノートに書き込む日記のようなブログとは別のブログを書きたいなと思っていて。そうしたらはてなブログかなってなりました。

暇を持て余して、意識高い系の真似事をしたくなりました。

 

独り言ではなく、誰かに見られることを前提としたブログを書きたい。

思い出せば、独り言ではないブログを最後に書いたのは中2のとき。あの時以来ずっとTwitterでしたが、たまには。

Twitterの140文字では足りないことや、忘れたくないことを書くブログ、そうします。

 

いつまで続くか分からないこのブログ、生あたたかい目で見ててほしいなって思います。

 

とりあえずここまで。しるく。