読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕暮れのイルミネーション

しるくです。日常や本やアニメや芸能人について、思ったことなどをつらつらと。ありきたりなブログ。意識高い系の真似をしたくなった。

幸福というものを音にしたら

タイトルは天使の柩より(少しまとめてます)

"夏の昼、グラスに麦茶と氷を入れるとからんころんと氷が音を立てる。幸福というものを音にしたら、きっとこんな音だろう"

 

緑がきらきら輝くGWですね。読んだ本についてもなるべく記事を書こうと思いました。

感想をブログに書くと予想外なメリットがありました。後で感想をブログに書こうと思って読むと、面白いことに、いつもより色々考えて読むのですよ。

 

今回読んだ「天使の柩」

 

 

天使の柩 (集英社文庫)

天使の柩 (集英社文庫)

 

 

 

これは、天使シリーズの3作目ということです。1作目は、天使の卵

本の帯によると、 190万部売れたベストセラーだとか。

天使の卵(1作目)を読んだのは、昨年の夏のことでした。

本を買う時、帯やポップのあらすじと、表紙の綺麗さで選ぶことが多いのですが、天使の卵も表紙と題名が美しいと思ってそのとき購入。

同じ村山さんだと、青のフェルマータなんかも表紙がすごく好きです

天使の柩を買った時は、天使の卵と同じシリーズだとは思わずに、題名に惹かれて買いました。

 

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

 

 

天使のつばさや羽ではなく、柩ってすごく魅力的じゃないですか?

すごく綺麗で優しく、少し悲しい物語でした。

特に思ったのが、情景描写がすごくきれいなんです。

夏、コップに氷と飲み物を入れてコップに水滴がついていたり、氷が溶けて音を鳴らすのってどこか懐かしいよね。

 

支離滅裂だね。それだけ。