夕暮れのイルミネーション

思考を記録する、ありきたりなブログ。自分のための備忘録。文章力の低下がひどい

本関連

カテゴリ一覧

↑のカテゴリが全てです。

わたしを離さないで/カズオ・イシグロ を読んだ話

わたしを離さないで わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) 作者: カズオ・イシグロ,土屋政雄 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2008/08/22 メディア: 文庫 購入: 32人 クリック: 197回 この商品を含むブログ (336件) を見る ノーベル文学賞受賞ということ…

夜明けの街で

夜明けの街で。 横浜を舞台にした、不倫、サスペンス映画です。 夜明けの街で 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る プライムビデオで、3日間ぐらいに分けて、ようやく見終えました。二回目。前も見たことがあったんだけど…

おおさむこさむ

メモ。 おおさむ こさむ (こどものとも傑作集) 作者: 小出保子 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2005/10/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る おおさむこさむ。 昔好きだった。

白夜行/東野圭吾

白夜行 書店に行くと、いつも目立つ位置にかざってあって、太いあの本。 白夜行。読みました。 白夜行 (集英社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2002/05/25 メディア: 文庫 購入: 30人 クリック: 309回 この商品を含むブログ (842件) …

家庭に入らず働き続ける生き方/専業主婦は2億円損をする

あいさつ こんばんは。あけましておめでとうございます。拙いブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします。 さて、新年早々ですが、本の話を。 専業主婦は2億円損をする 専業主婦は2億円損をする 作者: 橘玲 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2…

マスカレード・ナイトを読み終えたはなし

昼から友達と焼肉ランチを食べて、ご機嫌で。 その流れで、マスカレードナイトを読み終えました。 以下ネタバレ注意 最後まで読み終えたあとに、既視感しかなかった。エンターテインメントというか、面白さやワクワク感を求めるならともかく、ミステリー作品…

マスカレード・ナイトを読みはじめたはなし

前に言ってた、マスカレード・ナイトを読み始めました。 マスカレード・ナイト 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/09/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る まだ1/6程度です。 マスカレードシリーズは…

kindle paper white を買って3ヶ月経ったあとの感想

こんばんは。 今日は、7/13にあった、プライムデイ(Amazonプライム会員限定の特売セール)で買ったkindle paperのはなし。 購入してから、3ヶ月が経ちました。 使った日は、3ヵ月のうち、15日ぐらいです。 結論から言うと、私にはkindle paper whiteは8000円…

リバース/湊かなえを読んだ話

春に放送されていたドラマの原作です。積んでいたのを、読んでみました。 湊かなえさんの本ってすごく読み進めやすいと思う。難しい言葉は使ってないし、頭に入ってきやすいと思う。 それでいて、だんだん読んでる側が追いつめられていくような、臨場感のあ…

豆の上で眠る/湊かなえ を読みました

(この記事は備忘録的なものです) 先週?2週間前かな? ミートソースパスタのランチを食べながら、読み終えました。 7月末に、東京駅の構内にある本屋で購入したこの本。 8月中は色々バタバタしていて、読めずじまいで。 9月になってから、ようやく。 いや、…

死んだもの/亡くなったものに傷つけられることは本当に無いのだろうか

またまた島本理生さんの本を読みました。 夏前にAmazonでまとめて欲しい本を買っておいて、積んであった本を徐々に読んでいる、そんなところです。 君が降る日 (幻冬舎文庫) 作者: 島本理生 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2012/04/12 メディア: 文庫 この…

希望とは、なにか足りないときに抱くもの

本を読みました。タイトルは引用です。 わたしたちは銀のフォークと薬を手にして 作者: 島本理生 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/06/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 最近、島本理生さんの本ばかり読んでる気がします。きれいな恋愛…

きれいな恋愛に憧れる

(この記事を書いたたのは、6月の初旬です) 先日、この本を読みました。 ナラタージュ (角川文庫) 作者: 島本理生 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2008/02/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (89件) を見る 晴れた日に、…

ワーキング・ホリデーを読んだ話

GW、知人と会う機会も多くて、やはり待ち時間が生じるわけで。 友達の到着が1時間遅れるとのことで、暇つぶしに本屋で適当な本を買いました。 それが、ワーキング・ホリデー ワーキング・ホリデー (文春文庫) 作者: 坂木司 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日…

幸福というものを音にしたら

タイトルは天使の柩より(少しまとめてます) "夏の昼、グラスに麦茶と氷を入れるとからんころんと氷が音を立てる。幸福というものを音にしたら、きっとこんな音だろう" 緑がきらきら輝くGWですね。読んだ本についてもなるべく記事を書こうと思いました。 感想…

蜜蜂と遠雷を1度読み終えた話

直木賞受賞ということで購入した蜜蜂と遠雷 蜜蜂と遠雷 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/09/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (12件) を見る 金曜夜に、受賞のニュースを見てAmazonを見るも既に売り切れていた。 土曜の朝、田舎…